冨士屋のこだわり

スープと相性がバツグンのこだわりの中細麺です。その中細麺の、あっさりとスーッとすすれる のど越しの良さとスープとの相性の良さをご体感ください。
バラ肉とロース肉を特製の醤油でじっくりと長時間、煮込んでいます。余分な脂分は落としているため、脂分が少なく、あっさりと食べやすいチャーシューです。
特製の醤油と特製のラード、しっかりと煮込まれた豚骨ベースのスープが合わさったスープは、あっさりと奥深い味。どこか懐かしさを感じさせる味。創業より長年、愛されてきた冨士屋自慢の味です。
特製の醤油で長時間、煮込まれたしなちくは、歯ごたえと味わいが良く、麺やスープと非常に相性が良く、隠れた主役で、冨士屋の中華そばを際立ててくれます。
冨士屋のスープは、とんこつベースの醤油味。初代店主が、醤油蔵と試行錯誤の末にたどり着いた特製ブレンドです。今ではこの味が岡山ラーメンの源流と呼ばれ、幅広い年齢層の方々に愛されています。